自宅でのLesson

その他のLesson

その他の活動

レポートバックナンバー

2010年4月28日(水) とちぎ野菜サポーター 第1回産地視察

JA全農とちぎ「とちぎ野菜サポーター」スタート!
栃木県野菜の魅力をより多くの方々に知っていただくために、5名の野菜ソムリエが「とちぎ野菜サポーター」として活動することになりました。
とちぎ野菜サポーターに任命された5名は野菜ソムリエ認定料理教室の講師。
とちぎの野菜情報や生産者の声を、料理教室やブログを通じて生活者の方々に向け発信していきます。

『トマト』をテーマに4月28日に第1回の産地視察を行いました。

<当日の流れ>
JAうつのみやのトマト選果場の見学
春トマトの畑見学
Otowa Restaurantでの栃木トマト料理の試食会
産地の方々との交流会

朝9時にJR宇都宮駅に集合、ソムリエ協会のIさんSさん、野菜ソムリエの皆さんと共に出発!
JA全農とちぎの皆さんと当日の打ち合わせを終えて畑見学へ。
あいにくの雨天でしたが、ビニールハウスの中は湿気をまったく感じないのは驚きです。
清潔で手入れの行き届いたハウス内を拝見して、丁寧に手をかけてトマトを育てていらっしゃるのが伝わってきました。
選果場では、トマト達が光センサーでサイズ・糖度ごとに分別される様子や自動箱詰めなど驚きと楽しさで、まるでテーマパークのようです。
Otowa Restauranntでの試食会では、音羽シェフに色々なトマト料理を教えていただきました。
今回、産地のみなさんとの交流の中で、GAP(農業生産工程管理)やIPM(総合的病害虫・雑草管理)の導入や 微生物農薬の使用など、「安全で美味しいトマトを作りたい」という取り組みをされている点がとても興味深く印象に残りました。
食卓に届くまでに、こんなに色々な皆さんの愛情や想いをいっぱい詰め込んでいるのだと感じ、私たちは、そんなトマト達を大切に 美味しくいただかなければと感じたのでした。

<今後の視察予定>
7月:ナス・ネギ
12月:ニラ
2月:キュウリ

とちぎ菜サポーター活動
とちぎ菜サポーター活動
とちぎ菜サポーター活動

湿気を感じないビニールハウスの中

テーマパークのような選果場
視察のメンバーと
とちぎ菜サポーター活動
とちぎ菜サポーター活動
音羽シェフのレクチャー
Otowa Restauranntでの試食会